美肌を叶える!ストレスを溜めないための睡眠改善のコツ

大人ニキビを繰り返す原因に「ストレス」が大きく関わっている人は多いと思います。
わたし自身も、仕事のストレスから急に大人ニキビが出来はじめ、アゴやフェイスラインなどほぼ同じ場所に繰り返すようになってしまいました。
仕事が忙しいと睡眠時間を削らざるを得ない人も多いと思いますが、ストレスにもニキビの悪化にも影響を及ぼすのが睡眠の乱れ。
寝不足が続くとニキビができやすい、という体感がある人も多いのではないでしょうか?
この記事では、管理人の実体験や本などで得た知識をもとに、簡単にできるストレス解消・睡眠改善のコツをまとめてみました!

睡眠を改善するちょっとした工夫

睡眠は実際に寝た時間だけでなく質も重要になってきます。短時間でも質の高い睡眠を維持できれば、お肌のコンディションにもいい影響が見込めます。

就寝前の生はちみつ

睡眠の質を上げるために効果的なのが就寝前に生はちみつをなめること。わたしはティースプーン1杯程度にしています。
睡眠中、脳はたくさんのエネルギーを使いますが、まっさきに使われるのが肝臓グリコーゲンなんだそう。生はちみつは肝臓グリコーゲンの蓄えとして優先的に使われるので、脳機能を良くするための助けになります。
寝ている間に脳は経験や記憶の取捨選択、整理をしますが、それにはたくさんのエネルギーを使います。就寝前にはちみつをなめることで、脳のためのエネルギー補給ができます。

生はちみつが良い理由は、抗酸化物質・酵素・栄養素を豊富に含むから。熱処理をすると、これらの多くが破壊されてしまいます。
ホットティーやホットコーヒーに生はちみつを入れると「生」じゃなくなってしまうので注意しましょう!

後頭部に保冷剤

寝なきゃいけない、とわかってはいるのに考え事をやめられない。今考えてもしょうがないのに悩んでいる問題が頭を離れない・・・。
そんな時は、物理的に「頭を冷やす」のも効果的です。
保冷剤などを使って、頭の後ろ側を冷やしていきます。悶々と考え事をしている脳を冷やして、寝付けるように促します。
この時首を冷やしてしまうと、体が危険を感じて余計に目が冴えるので注意が必要です。

レッグウォーマーを履いて靴下をはかない

体のメカニズムとして、深部体温が下がることで自然と眠くなるようになっています。
寝る直前にお風呂に入ったり食事をしない方が良いというのは、入浴や食事で深部体温が上がってしまうからです。
お風呂上りにレッグウォーマーで足首を温めて、靴下を履かないようにすることで深部体温を下げる効果があります。

深部体温は上げる時にしっかり上げておくと、下がる時により勢いがつくので寝つきの改善が見込めます。
お風呂上りにノンカフェインの温かい飲み物を飲んで深部体温の上昇を強調しておくのもおすすめです。
よく知られていることですが、コーヒーやお茶などに含まれるカフェインは眠れなくなってしまうので注意しましょう。
お白湯やホットミルクのほか、ルイボスティーもノンカフェインなので良いと思います。

睡眠の基本

睡眠のリズムについておおまかに書いてみます。かなり端折って書いているので、詳しく知りたい人はおすすめ本も参考にしてみてください。

セロトニンとメラトニン

どちらも脳内物質(ホルモン)ですが、セロトニンはよく名前を聞くホルモンですよね。不安感を抑え気分を安定させる、いわゆる幸せホルモンというやつです。
目覚めが近くなるにつれて、脳内ではセロトニンの分泌量が増えていきます。夕方になるとこのセロトニンがメラトニンに変化していって、今度はだんだん眠くなっていくという仕組みです。
朝いちばんで太陽の光を浴びるなど、セロトニンの分泌量を増やす工夫をしていると、相対的にメラトニンの分泌量も増えるので睡眠改善効果が期待できます。

朝日とともに目覚められたらいいのですが、わたしは防犯上の理由とすっぴんで太陽光を浴びたくないという理由で光目覚ましを愛用しています。
紫外線対策は本当に必死なので、結構高かったけど人工の光でも紫外線を避けつつセロトニンが分泌されるなら背に腹は代えられません(>_<)

寝るための夜の過ごし方

これがなかなか難しいんですが、よい睡眠を作るために鉄板の過ごし方があります。
まず、部屋の照明を落とすこと。白色蛍光灯など明るい光は避けましょう。できれば間接照明など、暖色の落ち着いた光にできるといいと思います。
普段から室内の照明が電球色なら問題ないんじゃないかと思います。明るさを調整したい場合、夜だけPC眼鏡をかけて過ごすのもおすすめ。

もうひとつは、スマホ・PC・TVを使わないこと。わたしにはかなりハードルが高い部分です・・・。
睡眠に関する本を読むと、どんな本でも共通して「リラックスできるゆったりした音楽をかけて、本を読んだりアロマを楽しんだり」というのが理想のようです。
ちなみに本を読むといっても、刺激を少なくすることが目的なのでハラハラするようなサスペンスやミステリーは避けましょう。

おすすめグッズ・おすすめ本

睡眠改善におすすめのグッズや参考にした本のリストです。

光目覚まし intiSQUARE

>>intiSQUARE 公式ページへ

おすすめ参考書籍

あなたの人生を変える睡眠の法則

新品価格
¥1,255から
(2017/4/12 23:31時点)

誰でもできる! 「睡眠の法則」超活用法

新品価格
¥1,512から
(2017/4/12 23:32時点)

国産生はちみつ

はちみつ 専門店【かの蜂】 国産 百花 蜂蜜 500g 完熟 の 純粋 蜂蜜 (とんがり容器)

新品価格
¥1,785から
(2017/4/12 23:34時点)


生はちみつとは・・・?よくわからなかったのでアマゾンで買いました。
見た感じも食べた感じも普通のはちみつです。
歯磨きの前にティースプーン1杯ぐらいを舐めています。
甘いものが苦手な人はちょっとつらいかもしれません・・・。でも不思議と眠りが深くなった気がする!

まとめ

ストレスはニキビに悪い!睡眠不足で肌が荒れる!と言われても、根本から解決するのはなかなか難しいものです。
睡眠の改善も、本で推奨されていることをすべて実践しようと思うと結構難しい、というのがわたしの正直な感想です。
一気にすべて改善はできなくても、簡単にできることからちょっとづつ取り入れていけたらいいな、と思って記事にしてみました。
睡眠を見直すと、ニキビ改善や美肌効果以外にもたくさんのメリットがあります。
無理のない範囲でがんばっていきたものです^^